抗炎症性化合物

セルジーン社は、多様な炎症性メディエーターの生成を阻害する、経口投与可能な新規低分子化合物の開発を続けています。この中には、インターロイキン-2(IL-2)、IL-12、インターフェロン-γ、TNF-α、ロイコトリエン、一酸化窒素合成酵素などが含まれています。

2014年にはオテズラ®(アプレミラスト)がFDA(米国食品医薬品局)の承認を取得しました。

セルジーン社は、多様な炎症性メディエーターの
生成を阻害する、経口投与可能な新規低分子化合物の
開発を続けています。