日本の開発パイプライン

 日本における研究開発の取り組み

セルジーン社は、血液、がん及び炎症・免疫性疾患領域における研究開発に注力しています。現在、基礎から臨床に至るまで数多くの研究、臨床試験が世界各地で実施されています。

日本では、特にグローバルネットワークが持つ豊富なパイプラインの中からアンメット・メディカルニーズに特化した研究開発に取り組んでいます。グローバルとの連携強化を行い、国際共同開発治験に参加するなど一日も早く日本の患者さんに新薬をお届けできるよう臨床開発を進めています。

血液・腫瘍

一般名(開発コード) 開発の対象となる疾患 開発段階
Lenalidomide(CC-5013) 未治療濾胞性リンパ腫(適応追加) P III
Lenalidomide(CC-5013) 再発又は難治性の低悪性度リンパ腫(適応追加) P III
Lenalidomide(CC-5013) 未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(適応追加) P III
Pomalidomide (CC-4047) 再発又は難治性の多発性骨髄腫(用法用量追加) P III
CC-122 固形がん又は非ホジキンリンパ腫 P I

 

炎症・免疫性疾患

一般名(開発コード) 開発の対象となる疾患 開発段階
Apremilast(CC-10004) ベーチェット病(適応追加) P III

現在、進行中の臨床試験情報は、「ClinicalTrials.gov」(英語版)をご覧ください。